ちょっと大き目のポータブル Bose SoundLink Revolve+ Bluetooth スピーカー。重厚感のある音が決め手!

LINEで送る

前記事(360°音が広がる BOSE のSoundLink Revolve Bluetoothスピーカー 試用レポート。豊かな音!これはいいですよ♪)で試用レポートをさせていただいた、BOSE のちょっと変わった円筒形のワイヤレススピーカー SoundLink Revolve Bluetooth speaker を、一回り大きくしたスピーカー SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker(サウンドリンク リボルブ プラス ブルートゥース スピーカー)も、同時にお試しさせていただきました。

使い方や機能は、小さいサイズの SoundLink Revolve Bluetooth speaker と全く同じですので、前記事を参考にしていただければと思います。

Revolve と機能は同じだけど大き目の Revolve+。存在感は桁違い。

セットの内容もRevolveと同じ。

SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker のセット内容です。

  • SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker 本体
  • USBケーブル
  • USB電源アダプター
  • 取扱説明書

造りはほぼ同じなんだけど雰囲気はちょっと違う。。。

SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker を、SoundLink Revolve Bluetooth speaker を並べて比べてみました!

360°音が広がる円筒形の形もそっくり、機能も全く同じです。(大きい方が「Revolve+」です。)

Revolve+ の価格は、税込37,800円・送料無料(公式オンラインストア)です。(Revolve は 税込27,000円)

二つのスピーカーを比べると、大きい方のRevolve+ も十分持ち運びに便利なサイズなのですが、Revolve+の方には少しどっしり感があります^^; (と、個人的には思います。)

下の写真は、二つのスピーカーを上から見たところ。右側がRevolve+ です。

SoundLink Revolve+ Bluetooth speakerSoundLink Revolve Bluetooth speaker では、上から見た直径も結構違います。

Revolve+には、持ち運びに便利なハンドル付き!

コンパクトで軽い(0.67kg)のRevolve に対して、大き目の Revolve+ は、重量も(0.91kg)とやや重め。

しかし、Revolve+ の方には、上部に持ち運び用のハンドルがついているので、本体を楽に持ち上げることができ、移動に不自由は感じません。

それに、縦長の形が功を奏して、小さいサイズのRevolveと同様、スピーカーを置いた時に場所をあまりとらないのもいいところです

シンプルな操作ボタン

シンプルな操作ボタンは種類も限られていて、わかりやすい。使い方は小さいサイズのRevolveと全く同じです!

  • 電源ボタン:電源のON/OFF
  • Bluetoothボタン:Bluetooth接続に関する操作
  • 入力モードボタン:SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker を有線接続(AUX端子)する際に使用
  • 音量の+/- ボタン:音量のアップ&ダウン操作。通話のミュート操作。
  • マルチファンクションボタン:再生操作、スピーカーフォン機能の操作、SiriやGoogle Now の起動など。

カメラの三脚などに固定可能

Revolve と同様、本体の裏側にカメラの三脚などに取り付けができるねじ穴がついています。

広い場所で使う時や、高さを調節して設置したいときに便利かなと思います。

SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker の充電時間や再生可能時間は?

充電は付属のUSBケーブルと電源アダプターを使います。

Revolve+充電時間は、約4時間となっています。これは、小さいサイズの Revolveとほぼ同じくらいのようです。

連続再生時間は、標準的な使い方で約16時間 だということです。すごく電池もちがいいんですね!小さいサイズの Revolve の再生時間は約12時間ということなので、Revolveよりも再生時間は長めということになりますね。

アプリでより便利に!

ボーズの他のBluetoothスピーカーと同様、専用のアプリ(Bose Connect)を使うと、接続や操作が視覚的に行えて便利です!

また、アプリを使うことで、2台の「Revolve」や「Revolve+」を同時に接続することができ、「パーティモード(2台のスピーカーで同じ音を再生)」や「ステレオモード(2台のスピーカーでLまたはRチャンネルをそれぞれ再生)」で使用することができます!

SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker の音は?

360°音が広がる!ポータブルスピーカーとは思えない迫力。

SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker の音は、同じ形状で小さいサイズの SoundLink Revolve Bluetooth speaker の音の質と、やはりよく似ていると思いました。 繊細でありながらとても厚みがあり、高音から低音まで非常にバランスが取れていて聴きやすい音です。

音の鳴り方はRevolveととてもよく似ているのですが、Revolve+の方が大きい分、小さいサイズのRevolveとは、音のボリューム感が全然違います。単に音量の問題なのかもしれず、そこは素人には判別不可能なのですが、、、、とにかく音の重厚感がすごく、特に低音は、お腹にず~んと響く感じで、とてもこの一つのスピーカーから音が鳴っているとは思えない迫力と臨場感なのです。

そして、360°どの方向から聴いてもいい音で聴くことができるのは、やっぱりいいですね。Revolve+のパワーからして、広い場所や大人数で使うのにとても向いていると思うのですが、そういった場面でも設置場所にあまりこだわらなくてよく、とても好都合だと思います。

Revolve+ は、ポータブルスピーカーでありながら、「これがあれば大きいスピーカー要らないんじゃない?」というくらいの、パワーがあります。音量を絞っても、とてもいい音で聴きとりやすいのも、さすがデス(^^)

Revolve+とRevolveで迷ったら?

サイズが違うだけの Revolve+ と Revolve で迷ったら、やはり、使う予定の場所の広さや人数、持ち運びの頻度などで決めればよいのではないでしょうか。

個人的な使い方をするのには、小さい方のRevolveで十分じゃないかなと私的には思いますが、家の中で使う場合でもリビングで家族全員で音楽を楽しみたい場合や、野外など広い場所や大人数で使う場合は、大きいサイズの Revolve+ が威力を発揮すると思います!

Revolve+とRevolve、いずれにしても、ポータブルとは思えないとても豊かでいい音で、とっても気に入りました♪

サウンドリンク Revolve+ Bluetooth speaker 詳しくはこちら

Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング(ポイントがついてお得!)

BOSE公式オンラインストア

LINEで送る

関連記事と広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.