「べつに要らないかな」と思っていた縦型洗濯機の乾燥機が意外と活躍しております。(日立 ビートウォッシュ)

LINEで送る

私、ついに洗濯機を買いまして。

今年の正月のことなので、もう2か月以上経つのですが。

結婚以来16年以上の長きにわたり、我が家の洗濯ものを一手に引き受けてくれていた東芝の洗濯機から、日立のビートウォッシュ(乾燥機付き) に買いかえました!

日立 ビートウォッシュ(HITACHI Beat Wash)

縦型の洗濯乾燥機

買ったのは、日立の縦型洗濯乾燥機 ビートウォッシュ(BW-DV90A シルバー)です。最新のじゃなくて一つ前の型落ちを買いました。お買い得でした^^(ちなみに、2018年3月現在の最新機種はBW-DV90Bです)

前の洗濯機も同じく縦型で、もうかなり古いものなので乾燥機能などはもちろん付いておらず、洗濯容量は7キロ でした。

今回は、洗濯容量も 9キロ にグレードアップしました!

乾燥機能付きにした経緯

洗濯機を買い替えるにあたり、お店でいろいろと話を聞いたところによると、ざっくりとこんな感じだったと思います。

  • ドラム式は少ない水で洗濯。乾燥機能を重視する方におすすめ。値段は高い。
  • 縦型は水をしっかり使って洗濯。洗浄力重視の人に。値段は安め。
  • 縦型の乾燥機能はドラム式には劣る。シワになりやすい。

もともと、洗濯機の買い替えの予算は10万円以下を予定していて、ドラム式洗濯乾燥機の選択肢はありませんでした^^;

乾燥機能については、これまでもナシでやって来たわけなので、「ついてなくていいや」と思っていました。

予算10万円以下(しかも出来るだけ安く)となると、自然と「縦型洗濯機&乾燥機能ナシ」という洗濯機が候補として挙がってくるわけなのですが、今回は「型落ち」を選んだことで、「乾燥機能付きの縦型洗濯機」が予算内で買えてしまった、というわけなのです。

縦型洗濯乾燥機の実力やいかに?!

結論から言うと「乾燥機能」を予想外に使っている

当初は「あまり使うことはないだろう」と思っていた、縦型洗濯機(ビートウォッシュ)の乾燥機能ですが、これが、あったらあったで「結構便利」ということに気づいてしまったのです。

特に、マンション住まいで干す場所にあまり恵まれない我が家にとっては、「シーツと布団カバーを洗いたいけど、干す場所ないし、今日はやめとくか」となるところが、「シーツと布団カバー、乾燥まで一気にやってしまうか!」となるわけなんです。

シワになりやすいのは本当だ

ただし、シーツや布団カバーなんてものは、シワになりやすい素材の物は、やっぱりしっかりシワになります^^;

「洗濯 → 乾燥」までを一気にやった、シーツと布団カバー。洗濯槽の中ではこのような状態で出来上がってきます。

う~ん。。。見るからに頑固そうなシワがついてそうな予感・・・。

ちょっと広げてみると、やっぱり結構シワになってる。全体的にシワシワというよりは、部分的に強いシワが集まってできているという感じ。

↓ シワは気になるけど、アイロンなどもせずに、強引にベッドにセットしてみました^^;

まぁ、下に敷いているシーツは、手で延ばせばかなりマシになったかな。布団カバーの方は部分的にシワが強く出てるけど、ずぼらな私は、この状態で使うことに。

一日経ったら、シーツのシワのことなんてすっかり忘れてた^^;

ちなみに、取扱説明書では、このようなシワになりやすい素材の物については「弱めに乾燥したあと吊り干しする」ことが推奨されています。シワが気になる人は、取扱説明書通りに使うのがよいでしょう(^^)

私はこれ以降も、家族のシーツ・カバー類をシワも気にせず乾燥にかけまくっています。

シワになりにくいものは、問題なくフワフワに仕上がる

私は、寝具ではタオルケットや薄手の毛布も乾燥まで一気にやってしまいますが、これらは、シワなど気にしなくてよいですし、本当にフワッフワに仕上がり、大満足です。

干す場所も要らないので大物の場合本当に助かります。

そのほかにも、衣類でもシワを気にしなくてもよいトレーナーやパジャマ類、子供の体操着などには、乾燥機能を結構使っています。

例えば、子供達(と言ってもサイズは大人サイズです)の冬物の部屋着も「洗濯 → 乾燥」の標準のコースで、しっかり乾きます。時間にして、だいたい3時間弱くらいかなと思いますので、やっぱり洗濯して干して乾かすよりはずいぶん時間も短くて済みますよね。

乾燥にかけることで傷みが気になる衣類には使いませんが、シワや傷みを気にしなくてよい衣類には便利です。

9キロの洗濯容量に対し5キロまでの乾燥しか出来ませんし、「1時間で洗濯から乾燥まで出来る!」ってわけではないですが、急いでいるモノにも便利です。

期待していなかった分満足度が高いです

というかんじで、「最初はあまり使わないだろうと思っていた『縦型洗濯機の乾燥機能』を、意外と頻繁に使っている」というお話でした。

コインランドリーの乾燥機やドラム式の乾燥機能には及ばない、と分かったうえで使っているかもしれませんが、結構満足度は高いです。割り切って使えば、便利に使えるかなと思います♪

以上、縦型洗濯乾燥機(日立 ビートウォッシュ)の乾燥機能の感想でした!

うちが買った日立のビートウォッシュ(乾燥機能付き)

最新機種はこちら(2018年3月現在)

うちが買ったひとつ前のビートウォッシュ

LINEで送る

関連記事と広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.