お手軽「ぬか床セット」で始めるぬか漬け生活。アレンジ自在、絶え間なく一品を生み出してくれるぬか床はすごい!

LINEで送る

久しぶりにぬか漬け生活を送っております♪

今回は、「ぬか漬け+α」の食べ方をちょこちょこ試してみました。興味のある方は当記事の下の方を参考にしてみてください。

「ぬか床」のある生活は、始めてみるとけっこう便利なのです。

ぬか床に野菜をチョチョっとセットしておくと、翌日には食卓にそのまんま出せるぬか漬けが出来上がっているので、食卓にもう一品簡単に追加できてしまうという(^^)

それに、野菜をぬかに漬けることによって乳酸菌やビタミンB1などの栄養がプラスされるので、ただ野菜を食べるよりも体にもよいことがいっぱい(^^)

私は今回、体験型商品のセレクトショップDYDICO(ディディコ)さんの天然酵母入りぬか床セットを提供していただいて使っています。

ぬか漬け初心者には、すぐに始められるキットが便利

お手軽インナービューティー天然酵母入りぬか床セット

約1年前にもDYDICO(ディディコ)のぬか床セットを使ったことがあります。ぬか床セットの内容や、ぬか床の作り方などは下記の記事で詳しくご紹介しています。

私が使用しているDYDICO(ディディコ)天然酵母入りぬか床セットを簡単にご紹介

DYDICO(ディディコ)のぬか床セットについて、少しおさらいしたいと思います。

すぐに始められるぬか漬けキット

DYDICO(ディディコ)の天然酵母入りぬか床セットは、。国産ぬかを使用した天然酵母入りのぬか床が簡単に用意できます。

お試しに便利な袋で漬けるタイプと、本格的に始めたい人向けの容器付きの大容量のタイプがあり、私が今回使っているのは、袋で漬ける 使いきりタイプのぬか床キットです。約1ケ月間使うことが出来ます。

この「みかんの天然酵母」をぬかと合わせることで、すぐに使えるぬか床が完成!

一年前にもお試しさせていただいた、ディディコのぬか床セットですが、私が前回使った当時からは「ぬか」の量が大幅に増量されて改良されております

なんと、300gから500gに増量!

ぬか床の作り方は、前回使ったときとまったくおなじなので割愛しますが、ぬかの量が見た目にもめちゃくちゃ増えてました。

ぬか増量でたくさん漬けれるようになってた!

「ぬかが大幅増量」ということは、一度にたくさんの野菜がつけられるのね、ってことで、こんなに入れてみることにしました。

DYDICO(ディディコ)のぬか床は冷蔵庫で保管なので、変質の心配も少なくて安心♪

ぬかが増量されたおかげで、ぬか床を続けて使っていてもぬか床がベチャベチャになりにくく、ぬか床がいい状態で保ちやすくなったと思います。

ぬか床のお世話としては、ぬか床が水っぽくなってきたらキッチンペーパーで水分を取り除くことと、何回かに1度塩を足して味(漬かり具合)を調節しています。

袋で漬けるタイプは「(袋の外からぬか床をもむことができるので)手を汚さずにぬか漬けができる」となっていますが、ぬかの量がかなり多いので、材料を出し入れするときはビニール手袋をするなどして手を直接袋に突っ込んでぬか床をさわる方が、作業がやりやすいです^^;

↓ 一日つけたぬか漬け。

切ったらこんなに大量に。。。一回でこの量が出来上がるのはありがたい。

大量のぬか漬けですが、丸1日漬けただけのこのぬか漬けは、「あっさり、優しい塩味」なので、サラダ感覚でパクパクいくらでもいけちゃうんですね。このくらいの量は、家族4人で1食で食べてしまいます^^;

しっかり漬かったぬか漬けもおいしいけど、あっさり目に漬けたぬか漬けはたくさん食べられるので「野菜不足の解消」にもつながります。

密かに「ぬか床」を持つ人が増殖中?!

ぬか漬け、結構ブームになっていたりするのですよね。

先日テレビの「しゃべくり007」で見たところによると、なんでもチュートリアルの徳井さんが現在ぬか漬けにはまっておられるのだそう。自分で漬かり具合を調整しながら試行錯誤するかんじがたまらないのだといいます。番組では実際にご自身のぬか床をスタジオに持参して、出演者の皆さんにふるまっておられました。

そして、ぬか漬けに「ごま油」をかけて食べるのがおすすめなんだと!

ぬか漬けをただの「漬物」として食べるだけなんてもったいない?!ぬか漬けのアレンジに挑戦!

徳井さんの「ぬか漬けにごま油」を見て、たしかに、ぬか漬けにひと手間かけるといろんなおいしい食べ方ができるのでは?!と、私もいろいろやってみました^^;

ごま油をかけるとひと味違うぬか漬けに

なにから始めようかなと思ったのですが、とりあえず、うちでも徳井さんのマネをしてみました~♪

ごま油、たしかにぬか漬けに飽きたころにかけるといいかも。なんといっても簡単。「かけるだけ」なんだし。

というわけで、ごま油をたら~~っ。

なんで気づかなかったんだろ、コレうま~い♪

以来、子供がごま油を要求するようになりました。

アボカドのぬか漬け+生ハム

私が大好きなアボカドのぬか漬け。一番気に入ってます。(これは絶品です。まだ試したことのない方はぜひお試しくださいませ。)

↑ 塩味と旨味がしみ込んだアボカドのぬか漬け、このまんまでも十分おいしいのですが。

あっさり目に漬けたアボカドに、ちょっと生ハムなんか巻いてみたら、なんかオシャレな感じに(喜)。

そして、オリーブオイルが合う!

だれもぬか漬けだとは気づかない!スモークサーモンでもおいしそう♪

きゅうりのぬか漬けでタルタルソース

「タルタルソースに入れてみよう。」

私がぬか漬けのアレンジで思いついたのは、きゅうりのぬか漬けをピクルスがわりに使うこと。丸三日漬けて、酸味も塩味も旨味もしっかりついたきゅうりを細かく刻んで、タルタルソースの具にしてみることにしました。

タルタルソースの具は、ゆで卵、きゅうりのぬか漬け、たまねぎ です。

マヨネーズ投入。

全体をあえて、タルタルソースの出来上がり♪

シャケのムニエルにかけてみました。主役のシャケより目立っている。。。

存在感抜群のタルタルソースとなりましたが、これは大成功!ぬか漬けの旨味と歯ごたえがとてもいい仕事をしています!噛むとじゅわっと染み出すぬか漬けの風味とマヨネーズの相性も抜群です。

きゅうりのぬか漬けをポテトサラダに

続きましては、ポテトサラダにきゅうりのぬか漬けを入れてみようと思います。

ポテトサラダに入れるきゅうりって、私はいつも軽く塩もみして出てきた水分をしぼってから入れます。それならば、水分が程よく抜けたぬか漬けきゅうりはポテトサラダにピッタリだ!というわけです。

ポテトサラダに使用したきゅうりのぬか漬けは丸一日漬けたもの。

マヨネーズであえて完成です♪

違和感なく、フツーにポテトサラダになじんでます。とてもおいしいポテトサラダになりました。

この時はポテトサラダにしましたが、ドレッシングをかけて食べるフツーの生野菜のサラダに、キュウリや大根やニンジンのぬか漬けを忍ばせても味のアクセントになっておいしいですよ^^

↓ ぬか漬けを忍ばせた献立・・・。ぬか漬けっぽくないなぁ。

ちょっとマヨネーズ多めの献立になってしまいましたかね。

自分好みの味に。工夫次第で楽しさもっとひろがるぬか漬け。

ぬか漬けは自由度がかなり高いです。何を漬けるかも、自由。ぬか床の塩分を調節したり、漬ける時間(日数)を変えることで、自分好みの味を作り出せるのも魅力です。

そのまま食べてもおいしい。アレンジしてもおいしい。

ぬか床があると、ぬか床にスペースが空くたびに野菜をセットするので、どんどんぬか漬けが生まれてきます。勝手に「プラス一品」が出来上がる最強ツール。忙しい主婦にこそ「ぬか床」が強い味方になってくれます!

「ぬか漬け」に興味はあるけど、「容器やぬか床の準備が大変そう」「うまくいくか心配」「ちょっとだけぬか漬け体験してみたい」という人は、キットで始めてみるといいですよ。今回私が使ったDIDYCO(ディディコ)の 天然酵母入りぬか床セット もおすすめです。すぐに始められて、優しい味のぬか漬けが簡単に作れます♪

こちらのぬか床セットを使いました

DIDYCO(ディディコ)の天然酵母入りぬか床セット

お手軽インナービューティー天然酵母入りぬか床セット



ディディコの天然酵母入りぬか床セットは、以下の種類があります。

  • 袋で漬ける版(1袋) 1,980円(税込):混合ぬか 1袋、天然酵母 1袋、専用ジッパー袋 1枚、マニュアル、日付記入シール付き
  • 袋で漬ける版(2袋) 3,200円(税込) :混合ぬか 2袋、天然酵母 2袋、専用ジッパー袋 2枚、マニュアル、日付記入シール
  • 足しぬかをしながらぬか床を育てる版(専用容器つき):5,600円(税込) :混合ぬか 3袋、天然酵母 2袋、専用保存容器、マニュアル、日付記入シール
  • 足しぬかをしながらぬか床を育てる版(容器なし):5,300円(税込) :混合ぬか 3袋、天然酵母 2袋、マニュアル、日付記入シール

いずれも、全国 送料無料です。

LINEで送る

関連記事と広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.